設立目的


舞鶴引揚記念館提供

 海外引揚者、中国残留日本人孤児、同婦人及びこれらの家族(以下、海外引揚者等という)に関する記録を後世に伝承するとともに、海外引揚者等の福祉の増進と文化の向上を図り、合わせて引揚者等の海外での貴重な体験を活かし、国際親善に寄与することを目的としています。
 こうした目的を達成するために中国残留日本人孤児らの日本語教育や礼儀、作法等の指導を行い、引揚者、残留孤児らの持ち帰り品合同展示会を開催。また、残留日本人孤児やその家族らが作る餃子を通して、兵庫県民との交流を図っています。


沿 革

昭和21年11月2日
兵庫県満州引揚者互助会結成
昭和24年3月31日
兵庫県海外引揚者連名発足
昭和31年5月1日
引揚者在外事実調査を実施
昭和38年9月15日
在外私有財産補償の清掃デモ実施
昭和40年4月10日-5月13日
欧米7カ国在外財産補償実態調査
昭和47年4月15日
財団法人兵庫県海外同友会発足
昭和50年7月28日-31日
第1回中国里帰り者県下実習見学団
昭和53年1月28日
中国残留日本人孤児を対象に日本語教室開講
平成10年8月9日
第1回「引揚者・残留日本人孤児持ち帰り品合同展示会
平成16年2月22日
第1回「本場中国の餃子を楽しむ会」
平成24年4月1日
一般財団法人HKD発足


役 員